ブログネタ
お金 に参加中!
そういえば、私のブログのデザインを

デザイナーさんに頼んで一新してもらいました。


新しくなったブログ

→ http://mitoooya.com/


思い起こせば、私が不動産の情報を発信し始めたのが、

2007年の暮れ頃で、

このブログが最初の情報発信の媒体でした。


最初はブログを立ち上げただけで

世界とインターネットで繋がれた…

という事に大喜びし、

次に訪問者が1人とデータで出た時には

また大喜びしていました。


ただ、そのひとりだけの訪問者も、

実は自分で自分のブログを見ていただけ…

という感じで、

実質のブログの訪問者はゼロだったり…

という感じでしたが、

とにかく、私は不動産を始めた時から

インターネットと不動産の両方の未来に、

物凄い可能性を感じていました。


その後、様々な媒体を通じて

不動産の情報発信を続けてきましたが、

今では雑誌などの取材も多数受けるようになって

ブログを書き始めた当社では

考えられない事が起きていると思います。


ですが、全ての始まりは、

2007年に書き始めたこのブログで、

それからずっと続けてきたからこそ、

私のところには出版社の人が来て

本を出しませんか?とオファーがあったり、

多数のビジネス誌からも取材が来て

掲載されたりしてきました。


これは、絶対にそんな事が起きる…

という確信があって続けて来た訳ではありませんが、

「運命を変えてみせる…」

という強い気持ちがあったからこそ、

今までの出来事が起こったのだと思います。


最初、私がブログを書き始めたときは、

私はサラリーマンをしていました。


不動産も最初の1つを買った時に

ブログを書き始めたので、

ほとんど経験も知識もなかった訳です。


ただ、今では私の元に多くの人が

不動産の相談に訪れるようになり、

今ではサラリーマン時代の年収分以上のお金を

月々の家賃として支払えるまでになった訳です。


これは不動産で成功し、

そこで私は一度、セミリタイヤをします。


ただ、そのセミリタイヤ生活は長くは続かず、

私は不動産業で本格的に起業する道を選びました。


そんな紆余曲折が私の最初に作った媒体である

ブログでは書かれていますし、

ずっと、2007年からの記録として

今もこうして公開されている訳です。


そして、ずっとデザインも昔のままだったのですが、

この度、デザイナーさんに依頼をして、

こうしてリニューアルしてみたので、

私の過去からずっと見てみたい人は、

デザインが一新されたブログで、

私の過去からずっと見てみてください。

→ http://mitoooya.com/


という事で、2007年からずっと

私は不動産の情報発信をしてきましたが、

その情報発信の最初の媒体であるブログの

デザインを一新してみました。


私が過去にどんな事をしてきて、

どんな考え方をしていて、

そしてどんな風に変わって行ったのか?が

全て書いてある媒体なので、

私の事をもっと知りたい人は

ぜひ読んでみてください。


私も最初の頃の記事を読み直してみましたが、

まあ、貧乏になりそうな考え方をしていたな…

と思ってしまいますね。


つくづく思うのが、人間はマインドセットが大事で

考え方がお金持ち思考にならないと

お金持ちにはなれないという事です。


私のブログの初期の頃の考え方が

まさに貧乏思考で、

どんな考え方がよくて

どんな考え方がダメなのか?を学ぶ媒体としても

私のブログは面白いと思います。

→ http://mitoooya.com/



■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■大阪支店立ち上げスタッフ募集

→ http://goo.gl/nNaknK


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→  http://mitoooya.jp/d.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html



■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html