皆さんこんばんは。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008の会場に週末遊びに行った水戸大家です。
(ひたちなか海浜公園なんですが、2ヶ月に1度は行っている気が…前回もブログに書きました。)

予想通り下がっでしょう!どこまで下がったか見てくださいよー(ーー;)


またまた1位キープ中…↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

さて今日は不動産投資以外のオススメ本です。

今日は「ラブホ」の経営学―この道40年の第一人者が明かす、驚異の大儲け法です。

この本はラブホ経営について書かれています。

著者は日本のラブホ設計の第一人者で、この道40年の亜美伊新さんです。

この人、最盛期には1日睡眠3時間、1週間に1棟以上(年間70棟)のラブホを設計し、北海道から沖縄まで飛び回り、年間の飛行機代が1800万にもなった、まさにラブホ界の みのもんた です。

ちなみに世間一般にラブホへの投資とはどう考えられているのでしょう?

私の見解では、「怪しいが成功すれば儲けはでかそう」って感じです。

この考えは遠からず当たっていて、ラブホ業界は今、弱い者が淘汰され、強い者はものすごく儲かっているようです。

そして、本書の内容ですが、

・どんなラブホなら客を呼べるか?
・ラブホの接客術
・ラブホオーナーの姿勢、考え方
・淘汰の世界で格安中古が市場に…
・今後のラブホ
・売りやすいラブホは?

といった所です。

格安の中古が出ているという点は収益不動産の世界とも通ずるものがあると思いますが、やはり買ってからどう運営するかも収益不動産と似ていると思います。

ただ、投資規模が全くラブホは大きく、中古でも5億〜で、土地を仕入れてからの新築だと最低10億は必要だと書いてあります。

どのくらい儲かるの?と思われる人も多いと思いますが、運営のシミュレーションも本書に載っているので興味ある人は見てみてください。
(表面利回りでは50%以上出ていますが、そこから経費を引くので手残りはどうなんでしょう?ちなみに50%は儲かっていないラブホです)

ちなみにセック○と本文中に連呼しているので、なんとも凄い本だと思いました。
(こんな事を書いていると、変な検索フレーズにこのブログも引っ掛かりますね。)

あとあと、海外でラブホブームになっている所の話や、これからのラブホ業界のターゲットの話なんかもおもしろかったです。

予想通り下がっでしょう!どこまで下がったか見てくださいよ(ーー;)


またまた1位キープ中…↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ