皆さんこんばんは。

最近、大泉洋の「水曜どうでしょう」にハマっている水戸大家です。
(知っている人いたらぜひコメント下さい。あれは笑える)

今日もブログランキングを見ちゃってください。なかなか上位です。


またまた1位キープ中…↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

今日の朝刊に、宮大工の記事が載っていましたが、おもしろい内容だったのでご紹介します。

※ちなみに宮大工とは神社や仏閣といった、国宝等の日本古来の建築物を直したりしている特殊な大工さんです。

記事には宮大工のお師匠さんは弟子に対して仕事を教えず、任せてしまうと書いてありました。

私も前から思っていた事なのですが、世間一般に言われる職人さんとは、仕事のやり方とかを口で言って教えたりしないイメージがあります。

よく言われるのが、見て盗めってヤツですね。

前々から私は、こんな非効率な事しないで口で言った方が早いんだから口で言って教えれば良いじゃん!って思っていました。

また、口で言うのがめんどくさいからじゃないの?とも…

しかし、今日の朝刊を読んで考え方が一変しました。

「深く考えさせてから質問させるとよく覚える。何も考えないで聞いてばかりいると仕事は覚えない。」そうです。

昔かたぎの職人さんはそんな風に仕事を教えていたんですね。

私も本で読んだ事や人に聞いた話よりも、自分で考えてやった事の方が良くも悪くもよく覚えています。

「自分で深く考えて実行し、覚えていく。」

なかなか大事な事だと思いました。

これが限界かな〜。とりあえず何位か見ちゃってください。


またまた1位キープ中…↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ