皆さんこんばんは。

水戸大家です。

今日の朝ズバッ!でインドネシア人が介護士として2009年までに1000人日本に来るそうです。

前に言っていた移民の手始めだと私は考えていますが、今、日本は医療介護の分野で人手が不足し、2014年までに40〜60万人の人員補充が無いと(その分野は)壊滅してしまうそうです。

低賃金、重労働化してきている分野なので日本人の人材確保は今後困難だと思います。

さて、今後どうなるのやら…

そんな訳でブログランキングは8位まで来てます。
(次はぴめ吉さんだけど、もうムリだろ)
ホンとかどうか、確かめちゃってください。


またまた1位キープ中…↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

さて、昨日の続きです。

そんなこんなで893屋さんの所へ行く日が来てしまいました…

初めて会った日と電話ではかなりフレンドリーな会話をしていましたが、果たして今日も同じようにいくか?

というか、無事帰って来れるのか?

何はともあれ、ヤバい事になっちゃってます。

車で現地に着くと、お住まいは団地でした…

私の妄想では、高級な賃貸マンションを想像していたのに…

インターホンを押すと奥様が対応して、鍵が開けられ中に通されました。

家の中はこぎれいにされていて、これと言って変わったところはありません。

普通の家でした^^

想像だと、高そうな骨董品や絵画が飾ってあり、日本刀なんかが床の間に…なんて思いますが、どこも変わりない民家です。
(ちなみに今日も旦那さんは不在でした。)

奥様もいつもと変わらないフレンドリーな対応で、終始和やかな雰囲気でお話しました。

最後に
「うちは自営業で融資が受けられるかが心配なんです。どうにかならないでしょうか?」

と真剣な顔つきで言われましたが、

「こればっかりは私も銀行員ではないので審査してみないとわかりませんね〜」と言葉を濁しておきました。
(内心、そっちの人は正直難しいかもと思ってましたが…)

何はともあれ、普通に対応して普通に家を出ました。

しかし、いくら893屋さんでも融資の心配をしたりする所を見ると普通のお客さんと変わらないですね。

むしろ、礼儀正しく、人当たりは一般人より上だと思います。
(私が話をした人が特殊だったのでしょうか? その辺は?ですが…)

次はぴめ吉さん超えが目標!!!


またまた1位キープ中…↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ